八方台

いこいの森山を登り砂利道を越え、ようやく辿り着いた八方台いこいの森。

空はどんよりと曇り、今にも雨が降りそうな・・・いや、今まさに降り始めた。

八方台いこいの森そういえば幼い頃、父に連れられて来てヤゴを観察した記憶がある。

たしか小学校の行事で来たこともあったはずなのだが、楽しい思い出がまったく無かったのか、そちらは全く覚えていない。

八方台の昆虫相どうやら八方台にはミヤマクワガタが生息しているようだ。
少年時代なら喜んだであろうマル秘情報だが、大人になってしまった今となってはどうでもいい情報だ。

ちなみに撮影した5月の時点では成虫を見つけることは出来そうも無かったが、一応周囲を探索。

案の定、15cmを超えるオオナメクジを発見するにとどまった。

池「池に物をなげこんだり魚をいたずらしたりしてはなりません」と書いてある。
キャンプ場の池なのに釣り禁止、ボートに乗れるわけでもない。眺めて面白いわけでもない。

この池の存在価値はあるのだろうか。

「長岡東山山本山県立自然公園」の看板看板を見つけた。

長岡東山山本山県立自然公園
どうやらそれがこの地の正式名称らしい。

おそらく暗記することはできないが、一応言葉のニュアンスだけでも覚えておくことにしよう。
この知識を使うところがあるのかはわからないけど。

見返り地蔵目を閉じているにも関わらず、このお地蔵さんには「見返り地蔵」という名前が付いている。
名前の由来は知らないが、平面だから「どこから見てもこっちを見ているように見える」ということだろう。

【追記】
久々に八方台を訪れてみたら「見返り地蔵」ではなく、なんと「見送り地蔵画像)」という新しげな看板が立っているではないか。

いかん、このままでは嘘つきになってしまう・・・

だがどうやら、「見送り地蔵」「見返り地蔵」どちらの名前でも呼ばれているらしいということが判明し、ほっと胸をなで下ろした。

アクセスマップ

所在地:新潟県長岡市栖吉町8547-38


大きな地図で見る

コメントはまだありません »

  • 管理人より

    この記事へのコメントはまだありません。
    ご意見・ご感想など、お気軽にお寄せください。

コメントフォーム




ページのトップへ