長岡セントラルパーク

長岡セントラルパーク1970年竣工。通称「センパ」。
設計は大阪万博で日本庭園を設計した造園界の権威者・池原謙一郎氏。

一応、デザイナーズの公園だったようだが、そう言われてあらためて眺めてみると…

おしゃれな雰囲気が漂っている…

ような気がする。

ハトの群れセントラルパークの中に足を踏み入れると、そこはもはや完全にハトのパラダイスと化していた。

つかず離れずの絶妙な距離を保っているのはエサをもらえるかも知れないという期待からなのだろうが、残念ながらエサになりそうなものは何も持っていない。
愛すべきハトたちよ、甲斐性なしで本当にすまない。

ステージ円形階段状野外ステージという名称の舞台だそうだ。
そんな名前だったのか…と言うか、うすうす感づいてはいたがやはりステージだったのかココは。

ふと、ジャイなんとかという乱暴者の少年がリサイタルを開くシーンを思い出した。

ベンチと灰皿すっかりくたびれた様子のベンチ。

真新しいコーヒーの空き缶が置いてあるが、営業中のサラリーマンかタクシーの運ちゃんがちょっと一服しに立ち寄っていたに違いない。

なるほど、ここは長岡駅周辺で憩いのひとときを過ごすには抜群の立地だ。
いまさらながらに感心した。

噴水はるか昔、この噴水が稼働しているのを見たことがあったような無かったような。

ちなみにセントラルパークの石垣は、長岡城をイメージしてデザインされたものらしい。

セントラルパーク入り口長岡セントラルパークは2008年6月をもって閉鎖、長岡の歴史の一つが静かに幕を下ろした。

セントラルパークを含めた厚生会館一帯には、市役所が移転してくることが決定している。
この場所には中心市街地の活性化を目的とした「長岡文化創造フォーラム(仮称)」なるものが建設されるそうだ。

デザイナーズ公園、長岡セントラルパーク。
38年間お疲れ様。

アクセスマップ

所在地:新潟県長岡市東坂之上1丁目


大きな地図で見る

コメントはまだありません »

  • 管理人より

    この記事へのコメントはまだありません。
    ご意見・ご感想など、お気軽にお寄せください。

コメントフォーム




ページのトップへ